ベラジョンでの必勝法は?

先に述べたように、バカラで1ベットの度に勝つ事が出来る確率は「50%」です。

マーチンゲール法

その為、私がおススメしている必勝法は「マーチンゲール法」になります。

ベラジョンカジノに限らず、作戦を持ってバカラにベットするという事は非常に重要なので、以下に詳細を説明します。

簡単に言うと「ゲームに勝つまで、掛け金を倍額ベットする方法」です。

マーチンゲール法の使用方法

ゲームに負け続けている場合、ベットする額を前回のゲームの倍額にします。

勝った際には前回ゲームの負け分を取り戻す事ができるので、理論上は絶対に負ける事が無い方法になっています。

ベラジョンの様にオンラインカジノなら、他ギャンブル(パチンコや競馬)の様に時間やゲーム数に制限も無いので、このマーチンゲール法を使って勝つ事も可能なのです。

ただゲームによっては最大ベット数に制限があるので、ずっと負け続けた場合はこの方法での勝利も困難になってしまうのですが、そこまで負け続ける事も滅多に無いと思うのでマーチンゲール法でのベットによる勝率が一番高いでしょう。

マーチンゲール法が使えるゲーム

マーチンゲール法が使えるのはどんな時にでもというわけではありません。この方法が使えるのは勝率50%のゲームで、払い戻し倍率が2倍のゲームに限られます。

バカラの他には以下のゲームでマーチンゲール法が使えますね。

  •     ブラックジャック
  •     ルーレット:「赤/黒」「偶数/奇数」
  •     シックボー:「大小」

マーチンゲール法のデメリット

マーチンゲール法のデメリットは負け続ける可能性が万が一くらいにはあることです。

確率的にはどこかで必ず勝てるはずなのですが、どんどん倍の資金をかけて行かなければいけないという性質上、こちらの資金がショートしてしまうというリスクがあります。

1ドル賭けたとして、10回負ければ、次のゲームでは1024ドル必要になります。

更に負ければ、2048ドル、4096ドル、8192ドル…となっていき、1回負けることに書けなければいけない金額が2倍になります。

10回ぐらいまでなら耐えられるかもしれませんが、15回負け続けるということになれば、その時には1回のベットが100万円をオーバーします。

負け続ける確率はかなり低い

このようにして数字にしてみるとちょっと怖いかもしれませんが、10回負け続ける可能性は1/1000以下です。

この数字を聞いてみるが小さいと見るかは人によって違うかもしれませんが、僕はあまり大きな数字ではないと思っています。

1000回に1回の可能性でしか起こらないというのであれば、勝つ可能性の方が高いと思います。

というわけでマーチンゲール法は、使える時には積極的に使っていっていい手法だといえます。

超厳選!オンラインカジノ総合おすすめランキング!